Techmeetsで学べる内容やコースは?稼げるエンジニアになれるって本当!?

Techmeetsで学べる内容やコースは?稼げるエンジニアになれるって本当!?

techmeetsではどんなことを学べるんだろう?
techmeetsってフリーランスになれるスクールって聞いたけど本当なの?


こんな悩みを解決します。

 本記事でわかること

  • techmeetsで学べる内容について
  • techmeetsが他のスクールと違う魅力
  • techmeetsでお金を払っても学んだほうが良い理由

 本記事の信憑性

元東証一部上場企業に勤めていたエンジニアです。現在はWEBライターを専業にして、副業エンジニアとして活動中。

私はプログラミングスクール「GEEK JOB」に通って最短1ヵ月半で東証一部上場のエンジニアになることが出来ました。

未経験からエンジニアになりたい人に、スクールに通って得た経験、取材をして得た情報をもとに有益なノウハウを発信しています。


Techmeetsが他のスクールと違う所は、就職支援はもちろん、実際にフリーランスとして案件受注する方法を教えてくれる所です。

公認で「エンジニアとしての独立支援をするスクール」と謳っています。これから就職だけではなく、フリーランスとして活動したい方にもおすすめです。

本記事を読むことで、Techmeetsの優れたカリキュラム内容について詳しく知ることができ、フリーランスとして活動することができますよ。

本記事を読まないと、フリーランスになれないかもしれません。

Techmeetsは通学orオンラインを選べる

Techmeetsは池袋駅から徒歩圏内にあります◎

Techmeetsは通学かオンラインかを選択することができます。
通学の場合は池袋駅からすぐ近くのところにあります。


オンラインは全国対応可能なので、地方の方でも学べるのが大きなメリットです◎

Techmeetsで学べる内容は?

Techmeets


Techmeetsで取得できるスキルとしては以下です。

  1. プログラミング(WEBアプリ、WEBサービス開発)
  2. データベース(トランザクション障害管理などのMySQLスキル)
  3. ネットワーク(ユーザ認証とアクセス管理、ウィルスの脅威と種類と対策)
  4. セキュリティ(ネットワークの脅威、セキュリティマネジメント)
  5. サーバー(サーバーエンジニアとしての知識全般)
  6. ITビジネス教養​(フリーランスとして案件受注や商流の仕組み)
  7. デザイン(Illustrator、Photoshop)


個人的には、プログラミングの他にデザインスキルも学べるのが良い点だね。
WEB制作なら稼ぎやすいし、フリーランスにも早くなれそう。


コースは4つの中から選択可能

コースは4つの中から選択可能です。

  1. 通常コース(6か月) 550,000円(税込)
  2. 通常コース(9か月) 770,000円(税込)
  3. 通常コース(12か月) :920,000円(税込)
  4. techmeetsPrimer(3ヶ月):165,000円(税込)


TechmeetsではAコースとBコースの2パートがあります。
Aコースでは全受講生が全員受ける共通講座です。プログラミングから、サーバー、データベース、デザインの周辺知識やフリーランスとしての活動の仕方などを学べます。

Bコースでは受講生一人一人の希望に応じたカリキュラムが組まれます。例えば「WEBサイトを作りたい」「ゲームを作りたい」などさまざまな要望に合わせてプランが組まれます。

どのコースが一番人気なんですか?


6か月間の通常コースが人気です。お時間が取れない方や、じっくり学習したい方には、長期のコースも用意しております。



なるほど! ちなみにtechmeetsPrimerコースはどのような感じなんですか?



techmeetsPrimerコースはAコースのみの受講となり、メンターのサポートは受けれません。



授業は完全オーダーメイド制のオムニバス形式

Techmeets
出典:Techmeets


授業は完全オーダーメイド制で一人一人に最適な講座を提供してもらえます。
オーダーメイド制のメリットとしては

  • 集団型講義に比べてついていけなくなる可能性が低い
  • 質問がしやすい

学校の授業でもそうですが、風邪を引いて休んでしまったらついていけなくなる可能性があります。

オーダーメイド制なら、一人一人にあったプランを提供してもらえるし、しばらく休んだとしても問題ありません。


Techmeetsが他のスクールと違う魅力

Techmeets


Techmeetsが他のスクールと違う魅力は

  • 現場案件を用いた実践的なOJT指導
  • フリーランスになるためのノウハウを学べる
  • 24時間365日によるサポート体制

この3点です。詳しく解説します。

現場案件を用いた実践的なOJT指導


よくある質の低いスクールだと、教科書レベルのつまらない教材を用いてやらせる所もあるんですが、Techmeetsはレベルが違います。

Techmeetsでは実際の現場案件をもとに、現役エンジニアの指導のもと実践形式で課題に取り組んでいきます。つまりスタートが違うんですね。

実際の案件を取得しながら、エンジニアとして即戦力になれるように成長していくことができます。

フリーランスになるためのノウハウを学べる


初めて個人で仕事を請け負う時って不安がつきものです。
そんな時に現役の講師の方が、実際の案件の取り方や進め方、フリーランスとして活動していく上の注意点など細かな所までサポートしてくれるのは心強いです。

後述しますが、高いお金を払ってフリーランスを目指すというのはかなりオススメです。なぜなら給料の1ヵ月分くらいで元が取れます。
それはフリーランスの平均年収が862万だからです。

どうしてそんなに年収が高いのか、疑問に思った方は以下の記事を読んでみてください。

24時間365日によるサポート体制


Techmeetsでは、完全オーダーのカリキュラムに加えて、24時間365日でチャット対応をしてもらえるので、挫折する可能性が限りなく低いです。

Techmeetsでお金を払っても学んだほうが良い理由

Techmeets


Techmeets

  • フリーランスを目指している
  • 最初は就職をして後からフリーランスを目指す

という人にぴったりのスクールです。

フリーランスになれれば、正社員として2年くらい実務経験を積むだけで年収は700~900万くらいになります。
そこからの正社員でも2年だと、年収400万が関の山でしょう。

本当にそんな稼げるの?怪しくない?


そう思った方もいるかもしれません。

実際に案件をちょっとみてみましょう。

Techmeets
Techmeets


上ふたつはAndroidアプリの案件ですが、週5稼働で月に95万~105万もらえます。もちろん契約によりますが残業代も支払われるのが普通です。

フリーランスになれば、スクール代くらい1ヵ月で元が取れるよっていうお話でした。

企業の正社員として就職したい方へ

Techmeets


とりあえず正社員として就職したいから、フリーランスはまだ考えてないかな・・


という人は他のスクールで十分です。今はWEB系エンジニアが人気です。理由は

  • 個人の力を成長させやすい
  • 自由な環境であることが多い
  • 年収が上がりやすい(独立も可能)

私の友人もWEBエンジニアをしていますが、私服通勤ok、リモートワークok、フレックス制、仕事中に音楽聞いてもok、残業少ない(月10)、年収も実力に応じてかなり貰えるっていう神環境にいます。

無料で通えるスクールもいくつかあるので、参考にでも。