ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いのは本当?

ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いのは本当?

ポテパンキャンプのカリキュラムってレベルが高いって聞いたけど本当なの?
ポテパンキャンプのカリキュラムの内容が知りたい

こんな悩みを解決しますね。

が少しでも気になるなら、まずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

エンジニアになるには行動が命です。タイミングを逃すと後悔することになりますよ。


でも、今すぐに申し込む必要は全くありません。本記事を読んでから判断するようにしましょう。

 本記事の信憑性

筆者はプログラミングスクール「GEEK JOB」に通って一か月半で東証一部企業のエンジニアになることができました。

悪質なプログラミングスクールに通い、就業先がブラック企業だった・・・という話も多いです。

本ブログでは、「本当に良いスクールはどこか」をメインに皆さんに有益な情報をお伝えしていきます。

ポテパンキャンプが気になっているあなた。

ポテパンキャンプのカリキュラムのレベルが高いという話を聞きましたが、果たして本当なのでしょうか?

結論からいうと、

ポテパンキャンプのカリキュラムのレベルは実践的で現場主義。かなりレベルは高い

自社開発企業に全員入社させる目的があるので、スクール側も本気。

でした。

本記事を読むことで、ポテパンキャンプのカリキュラムがどうレベル高いのか具体的に理解することができますよ。

 本記事でわかること

  • ポテパンキャンプのカリキュラムの内容
  • ポテパンキャンプのカリキュラムのレベルが高い理由3選

ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いです【結論】

ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いです【結論】

ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いです。

なぜなら、受講生全員をRuby自社開発企業へ行かせるために作られているから。

自社開発企業って、IT業界の花形って言われていて中々入れないんですよね。

実際、ポテパンのCEOも、

ポテパンキャンプの転職サポートはSES会社ではなく100%Ruby開発会社のみご紹介しております。

と仰っていますね。

つまり、お前ら全員を自社開発企業に行かせてやるから、本気出してついてこいよ!ってことを言ってます(笑)

そんなポテパンキャンプの特徴を始めにお伝えして、後半カリキュラムの具体的な内容をお伝えしますね。


ポテパンキャンプの無料相談はこちら




ポテパンキャンプの特徴

ポテパンキャンプの特徴は以下のとおり。

  • Rubyエンジニア育成校としてNo1の実績を持つ
  • 正社員実績が98%で、ほぼ全員がエンジニアとして就職可能
  • 就職先がRail自社開発企業100% SESは紹介しないスタイル
  • 無料であること

Rubyエンジニアになりたい人は、無料で自社開発企業に行けるチャンスがあるので、是非通ってみてはいかがでしょうか。

ポテパンキャンプのコースは、全部で3種類あります。

  • 選抜クラスビギナーコース
  • 選抜クラスキャリアコース
  • オープンクラス

選抜クラスビギナーコース

選抜ビギナークラスは以下の人におすすめです。

  • 未経験から、エンジニアになりたい人
  • Rubyの基礎から学びたい人

カリキュラム内容は以下のとおり。

  • Ruby on Railチュートリアルの学習
  • 開発ドキュメントを基に、ゼロからRailアプリケーションの作成
  • OSSを用いてECサイト開発、メンテナビリティを考慮した実装

です。

基本的に、初めてIT業界にチャレンジしたいという方は、ビキナーコースがおすすめです。

選抜クラスキャリアコース

選抜クラスキャリアコースは以下の人におすすめです。

  • 前職でエンジニアの経験がある人
  • 何かしらRubyを学んだことがある人

基本的に内容は、ビギナーコースと変わりません。

Ruby on Railチュートリアルの学習が省かれているだけです。

Rubyのことをある程度学習していている人は、こちらの方が1ヵ月ほど早く就職できるのでこちらのコースを選ぶと良いでしょう。

オープンクラス

オープンコースはこんな人におすすめです。

  • プログラミング完全初心者の人
  • HTMLやCSSがわからない人
  • プログラミングに興味がある人

オープンコースは、プログラミングに全く触れたことがないような人におすすめできます。

カリキュラムは以下のとおり。

  • Ruby on Railチュートリアルの学習
  • 開発ドキュメントを基に、ゼロからRailアプリケーションの
  • 作成

注意点があって、オープンコースは、お金が掛かってしまうので注意しましょう。

無料で学べるコースは、選抜コースのみになります。

そのため、極力選抜コースを選ぶと良いですよ。


ポテパンキャンプの無料相談はこちら



ポテパンキャンプのカリキュラムのレベルが高い理由3選

ポテパンキャンプのカリキュラムのレベルが高い理由3選

続いて、ポテパンキャンプのカリキュラムが何故高いのかについて解説していきます。

それでは、いってみましょう。

実践レベルのカリキュラムで、効率よくスキルアップができる

ポテパンキャンプのカリキュラムは超実践的です。

なぜなら、

  • 開発する
  • レビューをしてもらう
  • レビューをしてもらって、合格が出れば次の課題に進む

上記の流れが、本当に現場を体現しているなと感じました。

合格しないと次に進めないので、なんとなくわからない所にモヤモヤしながら次に進んでしまうといったトラブルを防ぐことができますね。

カリキュラムの難易度も、RubyやHTML/CSSの基礎は理解している前提で進むのでレベルは高いです。

具体的には

  • インスタグラムのような本格的なアプリを仕様書を元にゼロから開発
  • RailsのオープンソースであるSolidusを用いてECサイトの開発をする

などがあります。

Solidusは英語仕様です。日本語の解説集が少ないので、基本的に英語の解説文を読みながら進めていくことになります。

本当に未経験の人はついていけるか心配になってしまうレベルですね。

講師の人が現役のエンジニアで、サポートのレベルが高い

ポテパンキャンプには、現役のエンジニアだけではなく、個人で稼いでいるフリーランスのエンジニア講師もいます。

私も現場のフリーランスエンジニアさんはお話したことがありますが、彼らのレベルはかなり高いです。なぜなら、

  • 普段の仕事に加えて、営業活動や経理などマルチタスクが出来る
  • フリーランス=スキルと信用が大事なので、常に仕事の意欲が高い
  • 会社に依存するのではなく、個人で稼ぐスキルを身に着けている

ですね。

一人で生きていく力を彼らは身に着けているので、最短で稼げるエンジニアとしてサポートしてもらえます。

学習のことだけではなく、フリーランスとして稼ぐ力も教えてくれますよ。

挫折をさせないような仕組み作りが凄い

ポテパンキャンプはカリキュラムのレベルが高く、一見挫折率が高いように見えますが、実際は挫折率はかなり低いです。

なぜなら、ポテパンキャンプ受講生のうち、98%がRubyの自社開発企業に就職できているから。

何故ここまで挫折率が低いのか、その理由は

  • 現役エンジニアの人が豊富な知識で挫折しないようにサポート
  • キャリアアドバイザーの指導が手厚い→模擬面接練習や履歴書添削など豊富なサービスがある

です。

プログラミングは一人で学習した場合、挫折率が9割にものぼると言われています。

そのような厳しい環境の中で、挫折しないように受講生を支えているメンターやキャリアアドバイザーのスキルはかなり高いでしょう。


ポテパンキャンプの無料相談はこちら




ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いのは本当?【まとめ】

結論からいうと

  • ポテパンキャンプのカリキュラムは超実践向きで現場主義でレベルがかなり高い
  • カリキュラムだけではなく、サポートも手厚いので挫折させない環境が整っている

でした。

補足:ポテパンキャンプは事前課題があり、誰でも受講できるわけではない

ポテパンキャンプは事前課題があり、誰でも受講できるわけではありません。

そのため、受講してエンジニアになりたいという人は、事前課題の対策をする必要があります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ
ポテパンキャンプに落ちたって声が続出したみたいだけど対策はある?

ポテパンキャンプの無料説明・体験会はこちら

ポテパンキャンプの無料説明・体験会はこちら