テックキャンプで学べるAWSはどう?【実際に取材してみた】

テックキャンプで学べるAWSはどう?【実際に取材してみた】

テックキャンプで学べるAWSってどんなこと?
AWSを学んで、どうなるのか知りたい。


こんな疑問を解決します。

 本記事の信憑性

筆者はプログラミングスクール「GEEK JOB」に通って一か月半で東証一部企業のエンジニアになることができました。

悪質なプログラミングスクールに通い、就業先がブラック企業だった・・・という話も多いです。

本ブログでは、「本当に良いスクールはどこか」をメインに皆さんに有益な情報をお伝えしていきます。


テックキャンプが気になっているあなた。

テックキャンプは今一番知名度かあるスクールで人気になっています。

今回は、テックキャンプでAWSは学べるの?というテーマでお話します。

結論からいうと、

テックキャンプで、AWSは基礎が学べるが本格的にAWSエンジニアとして
就職したいなら、別のスクールに通うべき

でした。

今回は、前半部分でテックキャンプで学べるAWSの内容と、後半部分でAWSエンジニアの需要や平均年収を載せています。

本格的に、AWSエンジニアを目指すためのプログラミングスクールも紹介しています。

本記事を読むことで、テックキャンプでAWSがどの程度学べるのかわかりますよ。

本記事を読まないと、AWSエンジニアになれないかもしれません。


今回は以下の順番で進めていきます。

 本記事でわかること

  • テックキャンプで学べるAWSの詳しい内容
  • AWSエンジニアの需要・年収・フリーランス単価など
  • AWSエンジニアほ目指すためにおすすめのスクール2つ

テックキャンプの特徴

テックキャンプ エンジニア転職
出典:テックキャンプ 渋谷フレーム神南坂校
就職成功率99.0%
受講対象者年齢制限なし
通学場所東京・名古屋・大阪・福岡の8か所
開講時間平日は10:00-21:00
料金➀短期集中型648000(キャンペーン中で598000円)
②夜間・休日型848000(キャンペーン中で798000円)
学習期間➀短期集中型→10週間
②夜間・休日型→6ヵ月
コースエンジニア転職コース
フリーランスコース
言語HTML/CSS/Javascript/RubyなどのWEBエンジニアに必要なスキル
就職サポート◎ 全額返金制度あり
受講体系オンラインor通学
身に着けられるスキルエンジニアとしての基礎や素養スキル、コードレビュー、成果物作成
PCの貸し出し有無〇(有料になります)


テックキャンプの特徴はこんな感じ。

  • 未経験から、30代以降の人も転職可能
  • 転職成功率99.0%
  • 転職先の自社・受託開発企業率約8割
  • 転職が決まるまで、マンツーマンサポート
  • 全額返金制度あり
  • 通学場所が8ヵ所もある



テックキャンプエンジニア転職の無料相談はこちら


テックキャンプを受講し、卒業するとどうなる?

テックキャンプを卒業すると、あなたは即戦力のエンジニアなることができます。

そのため、

  • テックキャンプを卒業して、ポートフォリオを完成させITエンジニアへと転職する
  • 個人案件を受注し、フリーランスエンジニアとして自由な場所で働く

このような選択肢が可能になります。

なぜなら、テックキャンプでは600時間を超えるカリキュラムを学習するので、スキルがかなり身に着くんですよね。

他のプログラミングスクールは150時間前後の所が多いのですが、テックキャンプはその4倍。

具体的なカリキュラムな関してはこちらの記事を参考にしてください。

テックキャンプ エンジニア転職の評判や特徴全まとめ

→→→テックキャンプ エンジニア転職の評判や特徴全まとめ【割引情報あり】

テックキャンプデザイナー転職の評判や特徴まとめ

→→→テックキャンプデザイナー転職の評判や特徴まとめ【割引情報あり】

テックキャンププログラミング教養の評判や特徴まとめ

→→→テックキャンププログラミング教養の評判や特徴まとめ【安くする方法も】

テックキャンプイナズマの評判や特徴まとめ

→→→テックキャンプイナズマの評判を徹底調査してみた【安く学べる方法も】

テックキャンプでは、AWSの基礎を学べる

テックキャンプでは、600時間を超えるカリキュラムの一部として、AWSを学びます。

簡単に言えば、サービスをリリースする時にAWSを構築します。

具体的なカリキュラムは以下の通り。

  • インターフェース構築:HTML/CSS、JavaScript、sass
  • 高い実装スキル:Ruby on Railsを用いたWebサイト開発及びオブジェクト指向を学ぶ
  • サービス設計:Webサービスをゼロから作る際に必要なデータベースやプログラム、サービス仕様を設計
  • SQL・データベース:サービスの要となるデータベースを構築
  • ネットワーク・サーバー構築:AWSを活用して実際にサーバーを構築し、アプリを公開する
  • 運用・コミュニケーション:GitHubを使ったソースコード管理などの運用スキル

AWSってなに?【アマゾンウェブサービスの略です】

テックキャンプ AWS
出典:https://aws.amazon.com/jp/what-is-aws/

AWSはアマゾンウェブサービスの略称です。

ネットショッピングとして、業界最大手のAmazonは皆さんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

AWSはアマゾンが提供する、クラウドサービスのことです。

クラウドは、簡単に言えばWEBサービスやサイトの土台部分です。

例えば

あなたのPCで、あるWEBサービスを作成した場合、PCの電源を落としてしまうと、サービスは動かなくなってしまいます。

それをPCの電源を落とした状態でも、24時間動けるようにいつでもインターネットに公開しておける状態を作るのがAWSです。


いままでは自社でサービスを展開する時は、他社にその土台を置くことができませんでした。

AWSの導入により、その土台部分を自社に置かなくても良くなったので、大きく負担が軽減されました。

今となっては多くの企業がAWSを導入して、開発もスムーズになっています。


ちなみに、今私が書いているこのブログサービスもAWSを利用して、インターネットに公開しています。

テックキャンプではAWSはどのくらい学ぶことができるの?

テックキャンプで学ぶことが出来るのは、以下のとおり。

  • クラウド周りの基礎知識
  • EC2インスタンス作成
  • Nginx
  • ロードバランサ
  • ローカルからAWSのS3に画像アップロード
  • Linuxサーバ構築
  • MySQLデータベース設定
  • capistranoを使った自動デプロイ

参考まで、テックキャンプでAWSを学んだ人の口コミを見てみましょう。



テックキャンプエンジニア転職の無料相談はこちら




テックキャンプではAWSは基礎を学ぶことができる【結論】

プログラマカレッジ 大阪

結論としては

  • AWSをがっつり学ぶというよりは、基本を理解する内容

でした。

元エンジニア目線でいうと、未経験でAWSを学んだ人は、転職の際で評価されやすいです。

なぜなら、AWSは今や当たり前の技術になっていて汎用性が高いからですね。

他のプログラミングスクールでは、AWSを基礎から学べる所は少ないです。

テックキャンプは『即戦力になるエンジニアの育成』を目標にしているので、幅広く学べるのが魅力です。

テックキャンプの評判については、以下の記事も参考にどうぞ
テックキャンプの評判・口コミはどうなの?【人気度No1】

AWSエンジニアになると、どれくらい稼げる?【補足】


AWSエンジニアになると、どれくらい稼げるのか気になっている方も多いと思います。

今回は簡単に

  • 正社員の場合
  • フリーランスの場合

で分けてご紹介します。

AWSエンジニアの将来性・需要など

AWSエンジニアの需要は年々高まってきています。

というのも、AWS自体、近年浸透してきた形なのでAWSエンジニアという肩書きが少なく、現在ではインフラエンジニアが業務を担当していることが多いです。

IT業界ではビッグデータによりデータの収集、保存、加工、分析などが今後さらに加速していくと

考えられており、AWSはビッグデータの活用も促進しています。

また、AWSでは人工知能の活用も進んでおり、自動車の自動運転や家庭用・業務用ロボットなどの普及が進む中でさらなる需要が高まっていくといえるでしょう。

このように、AWSエンジニアの将来性・需要がかなり高いといえます。

正社員の場合

AWS関連の正社員の求人情報/プロエンジニア情報によると、平均年収は580万円でした。

国税庁の平均年収調査によると、日本人の全国平均年収が467万円なので、113万円ほど高い計算になります。

フリーランスの場合

AWS関連の最新フリーランス案件情報/プロエンジニアによると、フリーランスの月単価は81万円でした。

年収に換算すると、972万円なので、かなりの高給取りであることがわかりますね。


テックキャンプエンジニア転職の無料相談はこちら




テックキャンプ以外でAWSを安く学べるプログラミングスクール

テックキャンプでは、AWSの基礎が学べることがわかった。他でAWSを学べるスクールはあるの?


こんな疑問がある方もいると思います。

今回はテックキャンプより安く学べるプログラミングスクールを2種紹介します。

  • DMM WEBCAMP
  • RaiseTech(レイズテック)

DMM WEBCAMP


DMMWEBCAMPは、テックキャンプと同じような、エンジニア転職に特化したスクールです。

AWSはテックキャンプと同じように、サービスをリリースするために学ぶといった感じで、基本が学べます。

料金はテックキャンプより50万近く安く学べます。最大35万円程度で学習をすることができます。

なぜ、こんなに安く受講ができるのかというと、DMM WEBCAMPは

  • 厚生労働省指定の認定講座に選ばれたから
  • 国が受講料金を最大56万円分負担してくれる

からなんですね。

DMMWEBCAMPも無料カウンセリングを実施しているので、気軽に申し込んでみると良いですよ。 2分もあれば終わりますよ。


DMMWEBCAMPの無料相談はこちら



DMMWEBCAMPの詳細記事はこちら

RaiseTech(レイズテック)


RaiseTech(レイズテック)は、AWSに特化してコースがあります。

AWSエンジニアとして就職を考えているなら、テックキャンプより深く学ぶことが出来るので、おすすめですよ。

RaiseTech(レイズテック)は2週間の無料トライアルコースがあるので、まずは気軽にお試しをしてみてはいかがでしょうか。

ライズテックの無料相談はこちら



ライズテックの詳細記事はこちら


テックキャンプの説明会はこちらから

テックキャンプ Techcamp